Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/chiba-gas/s-pulse.tv/public_html/wp-content/themes/surfing/lib/mainvisual/core/helpers/post.php on line 59

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/chiba-gas/s-pulse.tv/public_html/wp-content/themes/surfing/lib/mainvisual/core/helpers/post.php on line 78
ここからが監督の見せどころ:広島に負け5試合で勝ち点5 | 清水エスパルスTV
  1. TOP
  2. ここからが監督の見せどころ:広島に負け5試合で勝ち点5

ここからが監督の見せどころ:広島に負け5試合で勝ち点5

広島に負け5試合で勝ち点5

広島に0ー1で負け、5試合で勝ち点”5”のエスパルス。

過密日程ということもあるが、ある程度、今のエスパルスに欠けていることが見えていた。

そして、必要な人材、先発メンバーも見えてきた。

守備は改善していないが・・・。

開幕戦、鹿島に勝利したものの内容的には負け試合。

それ以降

  • 福岡に2-2
  • C大阪に1-2
  • 鳥栖に0-0
  • 広島に0-1

鳥栖戦は無失点だったものの安定した守備とは言い難い内容。

ただ、守備の安定よりも攻撃の不安定が全体の流れを生んでいるのは明らか。

  • ボールを持っても出しどころがない。
  • 消極的なボール回しで相手の脅威にならない。
  • サイドからの攻撃の意識・意図がない。
  • だからと言ってサンタナに当てるということもしない。

正直、攻撃の形がなさすぎり。

現状、ボール回しにも安定感がないため、
相手の脅威にもならず、そのために全員が無理をしない・無理ができない状況だけにゴールは遠く・得点の匂いすらない。

ポイントはカルリーニョス

よって、シンプルに
カルリーニョスのサイドからの攻撃パターンを徹底する形がいいだろう。

左サイドからの攻撃を徹底することで攻守のバランスが崩れることはなく、

カルリーニョスに相手の目を植え付けることで、空く選手も出てくる。

今の優柔不断な攻撃を続けるのであれば、
まずは、この辺りから攻撃の形を模索でいいだろう。

ここからが監督の采配の見せどころ

Jリーグが開幕して5試合。

昨年とはメンバーだけなく、期待値が高いのは事実。

攻守のバランスがまだまだだけに、安定した試合内容になるまで時間がかかりそうだが、選手の個性や質はある程度把握できた。

ディサロは、先発で使った方がいい。

ヘナトが戻ってきたことで選手層は一層厚みをもったが、中村、西澤は、後半からでも積極的に使った方がいい。

鈴木、後藤は、無難すぎて今のままでは、今後の伸びしろを感じない。

中山はもっとサイドで勝負し相手との駆け引きが必要。
でないと、中でもプレーが活きない。

現状、過密日程のため、メンバーを固定することはできないが、この辺りも含めて監督の采配に注目したい。